評価方式による評価

相続税の計算などのために相続した土地などの評価する場合、その土地が貸宅地となっていることがあります。
貸宅地とは、土地をほかの人に貸して、その人がその上に建物を建てているようなケースのことをいいます。
評価の対象となる土地が貸宅地である場合は、その土地の通常の評価額から、ほかの人に権利のある借地権を控除して評価することになっています。
マンション買取その計算方法は、正面路線価に奥行価格補正率をかけ、次いでこれに借地権割合を差し引いた割合をかけ、さらに土地の面積をかけることになります。
これで、貸宅地の評価額が算出されるのです。
また、相続した土地には、その土地の上に貸家を建てて、その貸家をほかの人に貸しているケースもあります。
このケースでの土地のことを貸家建付地と呼んでいます。
この土地では、通常の土地の評価額から貸家が建っていて、その中で貸家をほかの人に貸している部分の評価を減じて、最終的に評価することになっています。
その計算方法は、まず、正面路線価に奥行価格補正率をかけ、次いでこれに借地権割合を二回分かけて、さらに賃貸割合をかけた分を差し引いた割合をかけて、さらに土地の面積をかけることになります。
これで、貸家建付地の評価額が算出されるのです。
賃貸割合とは、アパートやマンションなどの場合の空室を除いた賃貸割合を指すことになっています。
つまり、その貸家に、ほかの人が借りて住んでいることが条件となっているということです。