相続した土地売却

相続した土地売却の場合、売却による譲渡益に対しては税金として住民税や譲渡所得税等が課せられます。
譲渡所得税は、譲渡益が土地を売却しても出なければ課税されません。
このような課税が有るかどうかということは、売却する土地の選択や遺産分割の方法等において非常に意味を持つため、十分に精査しておきましょう。
マンション/売る リスト譲渡益が売却する土地に生じる場合について見ていきましょう。
譲渡所得の算出は、売却した金額からその土地の譲渡費用や取得費を差し引いて行われます。
土地の取得費というのは、仲介手数料や土地を購入するための代金、登録免許税・不動産取得税などの税金、購入した後の改良費や設備費などの費用のことです。
土地の譲渡費というのは、譲渡にかかる広告費や仲介手数料、抵当権を抹消するための登記費用などのことです。
相続した土地を売却する場合、基本的には被相続人が取得費とその土地を持っていた期間を引き継ぎます。
この持っていた期間は譲渡取得の短期長期に関係しており、もし相続してすぐ売った場合でも被相続人が持っていた期間を一緒に計算するので、短期譲渡に必ずしも該当しないことがあります。
なお、被相続人が持っていた期間が非常に長くて取得費がはっきりしない場合には、概略の取得費として売却した金額の5%に相当する金額をする方法もあります。
しかしながら、この方法は使わないこともあるため、取得費をはっきりさせる場合には不動産業者に相談した方がいいでしょう。